今まで読んだ本2

id:Horiuchi_H:20040607:p2 がブクマされたことに今さら気付いて、さらに「他にも気が向いたら付け足して行こうと思います」と書いたことすら忘れてました。

パターン指向リファクタリング入門~ソフトウエア設計を改善する27の作法

パターン指向リファクタリング入門~ソフトウエア設計を改善する27の作法

今読んでいる本、ですがリファクタリングデザインパターンを結びつけて考えよう、という趣旨の本です。また、パターン病に対する処方も書いてあります。これからの必読書になりそう。

Joel on Software

Joel on Software

Geekな方の視線が見られます。ただ開発者でありつつ管理者でもあるので、開発側から見るとちょっと嫌な感じを受けるところも見受けられます。でも、管理側からみると仕方ないのかなぁ、とも思いますが。ちょっとできるようになってきた人向けですね。

ピープルウエア 第2版 ? ヤル気こそプロジェクト成功の鍵

ピープルウエア 第2版 ? ヤル気こそプロジェクト成功の鍵

前回、この本をリストに入れるのを忘れてましたね。必読書です!

ゆとりの法則 ? 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

ゆとりの法則 ? 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

ピープルウェアと合わせて、こちらも読むべきですね。本当は管理側の人に理解して欲しい内容。

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理

こちらは、同じくトムデマルコさんの著書で、リスク管理について学べます。基本的に開発のプロジェクトはリスクが大量に潜在しているものですので、こういう視点も必要ですね。

Seasar入門 はじめてのDI&AOP

Seasar入門 はじめてのDI&AOP

最後に Seasar本Seasarを使う前に一度読むと、使い方の思想が分かります。とても平易に書いてあって読みやすいです。